本文へスキップ

新しい視点で熊大生物系OB・OG交流を深める 同生会

同生会支部案内BranchES

亜生会

化血研、旧銀杏学園短期大学、熊本保健科学大学に所属する、熊本大学理学部生物学系卒業生で構成しています。

亜生会2012

1.名前の由来
「どうしよう」(同生会)という呼びかけに、「ああしよう」と応える気持ちと、同生会の下に属する事を意味し、「亜」の字を使い、「亜生会」と名付けました。
2.歴史
昭和59年 (財)化血研に所属する熊本大学理学部生物学科出身の同生会会員の人数も増え、化血研の中で重要な仕事を担う様になって来たことから、名誉会長の井上覚先生(理学部長(当時))と初代会長の酒匂光郎が話し合って、化血研職員からなる「亜生会」を発足し、「亜生会」と命名。
平成12年 酒匂会長の化血研退任により会長を相原に交代。合わせて、銀杏学園短期大学に所属する同生会会員を構成メンバーに加えた。
平成13年 大学の組織改変に合わせて、熊本大学理学部生物科学科、環境理学科環境動態学講座出身の卒業生も構成メンバーに加えた。
平成21年 相原会長の化血研退任により会長を菅原に交代。
3.会員紹介
現在の会員数は41名です。
      


関東支部

関東支部

伊東先生が退官され、関東に越されて来られたのを期に、平成6年に初代会長を 藤木慶子先生(順天堂大学勤務5回生)にお願いし、同生会関東支部会を立ち上げ、現在2代目会長を前橋浩先生(松本歯科大学勤務,6回生)が引き継いでおられます。
会を立ち上げてから、既に9年になりますが、信州上高地を散策したり、都心で飲み会を開催し親睦を図っています。
昨年は、伊東名誉教授の勲三等旭日章叙勲のお祝いを支部会で開催できたことは何よりの喜びでも有ります。
熊本からも、栗田多門(7回生)、鈴木明朗(8回生)、山下由朗(25回生)、高宗和史(修16回生)諸氏の参加ならびに全国各地から祝電を頂き、同生会との繋がりがより一層強まったように思えます。


熊本大学理学部生物学同窓会
同生会

〒860-0862
熊本市中央区黒髪2-39-1
熊本大学理学部共通学科事務室

TEL 096-342-3317